救急文庫



隊員の知恵袋
業務日誌

第96号

最近パソコンが調子悪く、ついに、作業が出来ないようになった。。。
男性から電話がありました。
「最近パソコンが調子が悪く、ついに、作業が出来ないようになった。
新聞で報道されているような動きをする!!  。。。 何とかして欲しい!」

パソコンは、
N社製のノート・パソコン。
OSは、Windows XP。
通信環境は、ダイヤルアップ接続。

お伺いして、パソコンを起動した。 起動した。。。しかし、ダイヤルアップを
自動的に始めた。。。 ハッとし、モジュラーケーブルを抜く!!

画面は、全体に青がかった感じ。。。 これも見たことが無い!!

スタートなどの表示も普通では無い!!   他の表示も異常である!!

ダイヤルアップは依然として繰り返している。 停止させようと試した。
これで繋がらせると何かが起こるのだろう。。。 多分、、、

男性に「再セットアップ、買ってきた状態に戻すこと」を提案した。

これは、ウィルス除去をしても、この画面の状態を修復することは不可能に近い
と判断したからである。

データのバックアップを行った。 N社のパソコンには、データをバックアップ
するアプリが付いている。  ウィルスを持ち越すことが心配されたが、それを
実行して、その他にも一般的な方法で、フロッピーディスクにもアドレス帳などの
データを保存した。Dドライブにも残した。

男性の承認が取れたので、再セットアップを始めた。。。 
この時季からのパソコンはリカバリーCD−ROMなどは、必要ない!!
あるファンクションキーを押したら、始まった。
この時季からN社を含めた大部分のメーカーは、
ハードディスク内にリカバリー・データがある。。。 
ハードディスクが壊されたら、工場行き。。。となり、、、

パソコン救急の出番が。。。消える。。。  困った。。。もんだ。
使用している人も困るだろな。。。  リカバリーCD−ROMを作っておくこと
前に紹介しました。 さて、話を作業に戻しましょう。

小1時間待つとCドライブのデータが書き直された。当然、Cドライブにあった
他のアプリケーション・ソフトは消去されているので、インストールをする。

データを戻したりして、パソコンを修復。。。 周辺機器の設定も行う。。。

困ったのが、周辺機器の添付SD−ROMの多くが行方不明であったこと!!

インターネットからドライバーを入手しながら、設定を行ったので、ダウンロード
の時間が。。。多く費やされた。。。

元に戻すことが、救急の使命ですが、、、 ユーザーも万一のために!!
説明書とCD−ROMをチャンと整理しておいて下さい。 自分のためにも!!

全ての修復が終わりました。

最後に、予め救急隊員が準備していた今回のXPの欠陥修復プログラムを2つ
導入。。。  そして、ウィルス対策ソフトを導入して、アップデートを行って
完了としました。
何故、XPのアップデートを行わないのか? ダイヤルアップなので、
ダウンロードするだけで、数時間。。。 待っているだけですので。。。

新聞、テレビで報道されているような症状だけではないように感じています。
先ず、無料ソフトでチェックしてみたらどうでしょう。

下記のウィルス対策ソフトからもダウンロード出来ます。 

今回も、最後に、
ウィルスに気をつけましょう。。。  ウィルス感染を選択されないように。。

プロバイダーでメールのウィルスチェックをしているから、、、大丈夫!
★大丈夫ではありません!!    本当ですよ!!  メールからの感染で
ないのです。

気を付けて下さい。 対処方法は、個々のPCにウィルス対策ソフトを導入して
おくことしか対策はないとのことです。




訪問サポート  e−太陽堂 (有)太陽堂 龍ヶ崎市

パソコンが固まる・・・
パソコンの診断が必要です!
出張にて診断します!
お気軽に、ご連絡ください!
 下記は、ご紹介などです。
 パソコン選び⇒ハードウェア
 パソコン選び⇒ソフトウェア
 パソコンの経験と知識